東高のできごと

カテゴリ:弓道部

弓道部・中日本近的選手権大会の結果

9月10日(日)に愛知県体育館(名古屋市)の特設弓道場で行われた第52回中日本近的選手権大会での結果を報告します。
男子団体Aチーム 優勝
男子団体Cチーム 4位
女子団体Aチーム 4位
男子個人 牧田智仁2位 望月大貴5位
この大会は、開催県の愛知県を中心に東海・北信越から高校男女100チーム以上が出場し、普通の弓道場ではなく、全国大会と同じような試合会場を愛知県体育館アリーナに特設して行われる大きな大会です。 昨年度は、全国選抜に団体出場した女子団体が2位に入賞しましたが、今年は総合力が高い男子団体が優勝することを目標に出場した結果、全国大会と同じような緊張感が高まる環境の中で、予選12射11中という他チームを圧倒する的中で見事に優勝しまし。この男子Aチームに続いて、男子Cチームも女子Aチームも4位に入賞したことは、過去に例のない大記録です。

弓道部・男子団体・全国選抜出場(2年ぶり3回目)

今年の52期男子チームは、チーム力はあるはずなのに、9月以降の大会で結果が出ないことが続いていましたが、新人戦県大会では、男子団体が優勝し、2年ぶり3回目の全国選抜出場を決めました。まず予選1回目が12射9中、2回目も9中で合計18中となり、2~6位決定戦を行い、3射3中で危なげなくベスト4に入り、まずは東海大会出場が確定しました。その後のリーグ戦は、競射なしで3戦全勝で優勝しました。今年の全国選抜は12月下旬で、栃木県宇都宮市の特設弓道場で行われます。また、2週間後の東海選抜は、50期女子が東海総体で団体優勝を飾った愛知県蒲郡市で行われます。思い出してみれば、夏休みの練習試合では3人団体12射皆中が複数出て、今年はいけると思いつつ、最近の団体戦は3回とも不発弾ばかり。今日は4度目の正直でやっと3人の的中がそろい、射形素晴らしく、つきもあり、精神力も伴い、納得のいく優勝を飾ることができました。2年前の男子団体の全国選抜での予選敗退を教訓として、まずは予選突破だけを目標として稽古を積みます。

弓道部・スポーツフェスティバル中部地区大会の結果報告

この土日で、スポーツフェスティバル中部地区大会(5人立ち団体戦と個人戦)がありました。男子団体は、1回目12中・2回目11中の合計23中で5位でした。2回目に的中が下がったことが最大の敗因です。女子団体は、1回目10中・2回目14中の合計24中で3位でした。1回目の最後の7本をすべて外したことが敗因です。何とか危なげなく県大会出場を勝ち取りましたが、50期が獲得した男女それぞれの優勝カップを奪われてしまいまいた。非力な51期も少しずつ強くなっていますが、現在たくさんある優勝旗や優勝カップが1つずつ減っていくことが無念です。2週間後の秋季県大会で1・2位に入賞すると中日本大会です。昨年のように男女そろって出場できるように心技を鍛えなおします。


弓道部・東海総体の結果報告

今日までの3日間、東海総体が愛知県蒲郡市弓道場で行われました。全国総体出場を惜しくも逃した女子団体は、2日間にわたる予選をいつも通りの戦いをして1位で通過し、決勝トーナメントに進出しました。まず1回戦は13中、準決勝は14中で決勝に進出しました。決勝戦の相手は、静岡県大会のリーグ戦で15対11中で敗れた沼津商業でした。1本目は5人とも魂が籠った射をしてすべて的中し、実力以上の20射15中で競射となり、そこでも4対3で勝ち、見事に初優勝を決めました。50期はすでに男子が東海選抜の団体戦で優勝しており、男女とも団体戦で東海を制覇したことになります。女子個人は、5位決定戦に進出しましたが、入賞できませんでした。50期の女子チームは、会の長さが平均6秒以上で射もレベルが高く、精神力もチームワークも素晴らしく、最後の最後まで成長を続けました。1~3年の女子合計33人が、その場に立ち会えたことは、今後の東高弓道部のさらなる発展につながると思います。

弓道部・高校総体静岡県大会の結果報告

★男子団体 1回目は実力通りの16中で単独1位でしたが、2回目は10中、引退をかけた3回目も何と11中、合計37中で、50期男子も終了かと思いきや、偶然ギリギリで競射なしで8位に滑り込み、団体決勝に進出が決まりました。
★女子団体 1回目11中、2回目12中、3回目12中、合計34中で、レベルの高い戦いではなかったけれど、堂々の3位となり、団体決勝進出が決まりました。

(顧問より)最近の静岡東高は、とにかく高校総体静岡県大会に弱く、男女そろってのベスト8進出はアベック優勝の39期以来11年ぶりの快挙です。男子の勝因は微妙ですが、女子の勝因は、圧倒的な精神力であったと思います。

★男子
個人 波に乗れない男子ですが、11人中わずか5人しか準決勝に進出できず、ミーティングを重ね、準決勝でやっと本来の調子が出て3人が8射7中で決勝に進出しました。そこでもいまいちの結果で、単独9位が最高でした。
★女子個人 9人中4射皆中2人を含む8人が準決勝に進出する快挙の後、準決勝では最悪の結果でしたが、その中で林 陽香(3年・高松中出身)が8射7中で決勝に進出しました。決勝では4射3中で何とか乗り切り、11人による2~8位決定の射詰めでも見事な射形と精神力で4本連続で的中し、さらに八寸的(小さい的)の5本目も見事に的中して2位となり、東京武道館で行われる全国総体に女子個人で出場することになりました。

(顧問より)来週の土曜日は団体決勝では。男子はこの限界状況を地力で乗り切れるか、女子はさらなる成長が見られるのか、新たなドラマの展開に期待したいものです。

弓道部・高校総体中部地区大会の結果報告

★男子個人戦(4月26日)
 3年男子10人・2年男子1人・合計11人県大会出場
★女子個人戦(4月27日)
 3年女子6人・2年女子3人・合計9人県大会出場
※男女とも個人戦での県大会出場者数は、中部地区最大ですが、稽古の内容を考えると、  もっとたくさんの人が県大会個人戦の出場権を勝ち取れたと思います。
★団体戦 男子24中(14中・10中)・4位 女子21中(9中・12中)・4位
※男女とも結果だけを求めず、来週の土曜日に1~3年の81人で充実した一日稽古をすることだけを目標に、無心で一本にかける戦いをしました。
その結果、男子は絶好調のはずが、2回目に実力を発揮できずに24中・4位で県大会出場となりました。50期チーム結成以来、男子は初めて県内大会で優勝を逃しました。
一方、突然絶不調となってしまった女子は、1回目に精神力と入魂だけで何とか9中し、2回目は総合力で12中し、21中・4位で、堂々と県大会出場を決めました。
50期チームは、男女とも間違いなく地力があり、ゆるぎないチームワークがあります。
それらを武器に、あと3週間厳しく楽しい稽古を積み、県大会を勝負強く戦います。
弓道部

弓道部・全国高校弓道選抜大会の結果

男子団体が4年ぶりに出場しました。東海選抜優勝から約1か月、調整はかなりうまくいき、大阪入り後の公開練習では堂々の12射11中で、その後さらに精神力を高め魂を入れて予選にいどみました。結果はやる前から決まっていたように見えましたが、自信が強すぎたせいか、まさかの12射6中、実力を出し切って6中で予選落ちしました。ただし、監督の目からみて、射は高校生としてはかなり高いレベルであったし、誰も見ていないところで黙々と履物をそろえている姿がありました。今日から、新たな挑戦が始まります。58人の部員が一丸となって今まで通りに稽古に励んでいきたいと思います。

弓道部・大会の記録(10月)

静岡県秋季弓道大会(10月)
  男子団体1位(4年ぶり4回目)男子個人2位勝見 中日本大会出場(3回目)
  女子団体2位  女子個人6位青山・7位岩貞 中日本大会出場(4回目)
  男女そろって中日本大会出場となりました。
  男子団体はこの大会でも2回目に20射17中
がでました。
  女子も力不足ながら、何とか勝負強い戦いができました。

  

弓道部 大会の記録(7月~9月)


    《 スポーツフェスティバル中部地区大会 男女そろって優勝しました 》

 「黙々と稽古する」をスローガンとして、勉強との両立をはかりながら活動をしています。
 50期・51期の58人は、チームワークがたいへんよく、2年ぶりに絶好調です。
 早朝から、みんなで自習し、放課後は、楽しく厳しい稽古に励んでいます。

★静岡市内大会(7月)
   男子個人1位岩本・2位吉延・3位早津・6位宮崎・7位海野高天
 
   個人戦だけの大会ですが、男子は上位を独占しました。

★静岡市内大会(9月)
   男子個人1位千藤・4位山田・5位岩本・6位島田
   女子個人3位海野里咲・4位遠藤・5位小林 
   今回も個人戦だけの試合ですが、男子だけでなく、女子も絶好調でした。

★スポーツフェスティバル中部地区大会(9月)
  男子団体1位・男子個人5位加藤・6位千藤・8位岩本  女子団体1位
  男女そろって優勝しました。男女とも2回目に実力がでました。特に男子の2回目の
  20射16中は見事でした。