新校舎建築ニュース

新校舎建築ニュース

新校舎建設予定地の地質調査が始まりました。

学校内の校舎建替え予定地周辺にて、地質調査(ボーリング調査)が始まりました。

ボーリング調査では地下のかなり深い地点まで掘り、地質を調べるそうです。

ボーリング機械というと、昔の機械はガンガンと大きな音がしましたが、最新の機械はほとんど音がしません。カタカタと軽い音を立てながら掘り進んでいます。授業中もまったく気になりません。

写真は中庭の地質調査です。今後、南側駐車場周辺で地質調査が続きます。

頑丈な地盤であることを願います。

中庭のボーリング調査

静岡東高校の校舎が新しくなります

校舎建替えが決まりました

静岡東高校の、校舎建替えがついに決まりました。現在の校舎は、建学当初から60年が経ち、あちらこちらに老朽化が目立つようになりました(耐震補強は万全ですので、ご安心ください)。創立60周年に、校舎建替えが決まったことは、本当にうれしい事です。新校舎は、現在の本館跡地と駐車場部分に建てられる予定です。

新校舎の完成は、令和9年度の予定です。新校舎完成まで長い時間が掛かり、ご迷惑をおかけすることと思いますが、よろしくお願いします。

校舎建替えのスケジュール(予定)

令和5年度    ……新校舎設計・埋蔵文化財発掘調査・仮設校舎設置工事

令和6年度   ……仮設校舎に引っ越し・本館解体工事

令和7年度   ……新校舎建設・埋蔵文化財発掘調査

令和8年度   ……新校舎建設

令和9年度後半 ……新校舎完成、引っ越し

令和10年度   ……別館解体工事・駐車場整備等外構工事

工事中も快適な仮設校舎で安心

「仮設校舎ってプレハブでしょ?狭くて汚くて、暑いんじゃないの?」……いえいえ、決してそんなことはありません。令和の仮設校舎は、エアコン・プロジェクタ・Wi-Fiも完備される予定で、とても高性能。広く綺麗で快適です。(参考写真:静岡県立沼津工業高等学校・校舎建替え事業)

↓ 仮設校舎は、明るく広い3階建て

仮設校舎(沼津工業の例)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 冷暖房・Wi-Fi・プロジェクター完備の快適な教室

明るく広い教室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 広びろと明るい廊下

広い廊下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 綺麗な洋式トイレ

綺麗な洋式トイレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事の影響について

「自分は、新校舎に入れるのかしら?」……気になりますよね。新校舎の建築には、長い時間が掛かります。残念ながら、新校舎の完成を待たずに卒業してしまう学年もあります。

また、旧校舎のうち、別館(北側の校舎)は、新校舎完成まで、仮設校舎と一緒に使います(新校舎完成後に解体します)。

以下に、工事の影響や工程の予定についてまとめましたので、ご確認ください。

校舎建替えの影響 

  • 工事期間中を通じて、グラウンドの一部と、ハンドボールコートの使用ができなくなります。(体育館・プール・弓道場・テニスコート等、校内の他の施設には影響ありません)

 

新校舎は、新しい時代に対応し、省エネルギー性が高く、ネット環境なども整った、広く明るいピカピカの校舎になる予定です。新しく生まれ変わる東高に、ご期待ください。