〒420-0923  静岡県静岡市葵区川合三丁目24番1号  TEL 054-261-6636  FAX 054-263-5970

 shizuokahigashi-h@edu.pref.shizuoka.jp 
 

 
訪問者数1947738

受験は「先行逃げ切り」

 

進学重点コアスクール

進学重点コアスクール 事業計画

テーマ

人生を主体的に切り拓き、高い志を持って社会に貢献する人材の育成

~大学入試改革及び次期学習指導要領に対応する指導体制の確立を通して~

 

平成30年度主な取組(本校コアスクール事業の中から主な取組を抜粋しました)

 

取組

取組の説明

実施

体制

未来構想委員会の設置

未来構想委員会内に組織体制構築プロジェクトチーム、東陵セミナー(総合的な学習の時間)改革プロジェクトチーム、アクティブ・ラーニング推進プロジェクトチームを設け、大学入試改革、次期学習指導要領等に対応した指導体制を確立する。

生徒

学力

向上

土曜授業の実施

土曜授業研究指定校として年間16(土曜日は14)の土曜授業を実施し、学力向上のための授業時間確保と部活動・補講・自主学習等放課後を有効活用する。公欠者にはフォローカード、フォロータイム(月曜日実施)等の支援を行う。

アダプティブラーニング(個に応じた適応学習)の推進

1年生に学習支援プラットホーム(Classi)を導入し、Web動画やWebテストを活用し、学力上・中・下位層に応じた学習指導を行う。スタディサポート、学習時間調査等をもとに、生徒面談(年間5回以上)による個に応じた指導を実施する。

予備校との連携による難関大学受験用教材と解法DVD講座の活用

3年学力最上位層を対象に、駿台予備校の英語・国語・数学・理科の難関大学受験用教材と解法DVD講座を活用した学習指導を実施する。

英語4技能の育成

GTECの1・2年生全員受験及び実用英語検定受検の推奨により、4技能の英語力を育成する。

国内留学

1・2年生の希望者約40人を対象に、ブリティッシュヒルズにおける2泊3日の英語による宿泊研修を実施する。

新聞データベースの活用

「総合的な学習の時間」の探究活動、教科学習の調べ学習、小論文作成等の情報収集に新聞データベースを活用する。

自習室の開放

平日は19時まで、土曜授業日は1645分まで自習室を開放する。

教員

指導

向上

校内研修の充実

校内研修テーマを「新しい大学入試制度と次期学習指導要領に向けた授業改善」とし、アクティブ・ラーニング校内研修会(講師:産業能率大教授 小林昭文氏)、ICT活用校内研修会、次期学習指導要領対応研修授業検討会を実施する。また、情報サイト「Find!アクティブラーナー」学校導入版を導入し、eラーニングによる指導力向上研修の機会を提供する。

アクティブ・ラーニング公開授業の実施

アクティブ・ラーニング推進プロジェクトチームの教員による公開授業を実施し授業参観の機会を提供する。

授業アンケートの実施と分析

全科目において授業アンケートを実施し、教科会議での分析をふまえて授業改善に役立てる。

センター試験・大学入学共通テスト試行調査問題分析

各教科でセンター試験問題と大学入学共通テスト試行調査の問題を分析し、授業、補講、週末課題等に活用する。

先進校等訪問

学力向上や進学指導の先進校を訪問し、その情報を職員会議で共有し、教育実践の参考とする。

高大

接続

改革

総合的な学習の時間における探究活動プログラムとパフォーマンス評価の開発

次期学習指導要領における「総合的な探究の時間」を先取りし、探究活動プログラムを開発し、1年生は職業インタビューとディベート、2年生は大学研究と修学旅行課題探究学習、3年生は小論文作成等を実施する。その際、情報収集の手段として、図書館の蔵書と新聞データベースの活用方法を学ぶ。また、多面的・多角的な評価であるパフォーマンス評価を開発し、資質・能力の育成指標とする。

アカデミックインターンシップⅠ(市内3大学と連携した専門教養講座と単位習得)

1・2年生の希望者が放課後に静岡大学・静岡県立大学・常葉大学の開講講座を半年間受講し、校外学習活動として単位認定する。受講生徒は報告会でまとめと報告を行う。

アカデミックインターンシップⅡ(静岡大学と連携した理系実験実習講座)

8月に静岡大学理学部と農学部において本校生徒希望者対象の実験実習講座を実施する。

その

国際理解教育の推進

4月の台湾高級中学との学校交流(全学年)12月の修学旅行時の台湾高級中学との学校交流(2年生)、10月のアジアの留学生との交流事業(1年生)を実施する。

キャリア講演会

社会の第一線で活躍する講師の講演会(7月:国立情報学研究所教授新井紀子氏、3月:ボトムアップパーソンズ協会畑喜美夫氏)を実施する。

キャリア講座

1年生を対象にさまざまな職業分野の専門家による職業講座を実施する。

大学模擬授業

2年生を対象に国公立大学の教官による学部別模擬授業を受講し、大学の専門性について理解する。

大学訪問

2年生が夏休み等を利用して、東京大学訪問(希望者を対象に理学部での講義受講と施設見学)及び難関国公立大学を中心とした大学のオープンキャンパスに参加し、事後研修として発表会を行う。