〒420-0923  静岡県静岡市葵区川合三丁目24番1号  TEL 054-261-6636  FAX 054-263-5970

 shizuokahigashi-h@edu.pref.shizuoka.jp 
 

 
訪問者数2183512

受験は「先行逃げ切り」

 

1 地震への対応

(1)「東海地震に関連する調査情報」の発表時

時点

生徒の対応

在校時

授業終了後、ただちに帰宅する。

登下校時

情報に注意し、気をつけて登下校する。

在宅時

情報に注意し、気をつけて登校する。

(2)「東海地震注意情報」の発表時(判定会招集時)

時点

生徒の対応

在校時

指示により、運動場に避難、点呼し、地区別班ごとに一次避難地まで集団下校する。

登下校時

直ちに帰宅する。

在宅時

登校しない。地域の自主防災組織の指示に従う。

(3)「東海地震予知情報」の発表時、「警戒宣言」の発令時

時点

生徒の対応

在校時

指示により、運動場に避難、点呼し、地区班別ごとに一次避難地まで集団下校する。

登下校時

直ちに帰宅する。

在宅時

登校しない。地域の自主防災組織の指示に従う。

(4)大規模地震(震度5強以上)の発生時

時点

生徒の対応

在校時

その場に伏せ、指示により運動場に避難、点呼する。避難所である学校に待機し、帰宅しない。

登下校時

安全を確保し、近くの避難所に避難し、その地区の自主防災組織の指示に従う。

在宅時

登校しない。地域の自主防災組織の指示に従う。

(5)「(大)津波警報」の発令時

時点

生徒の対応

在校時

その解除まで、要避難地域居住者及び帰宅困難者は、校舎4階に待機し、帰宅しない。帰宅は保護者への引き渡しを原則とする。

登下校時

原則として帰宅する。自宅が要避難地域にある場合は、最寄りの避難所に避難する。学校近くまで登校している場合は、学校に避難する。

在宅時

要避難地域居住者は、高台か指定避難ビルへの避難を速やかに行う。原則として登校しない。登校指示は携帯連絡網サービスで確認する。

(6)(大)津波の発生時

時点

生徒の対応

在校時

・生徒の家族や家屋に甚大な被害が生じていない場合、県・市の危機管理局等と連携し、安全の確認を行った上で、保護者への引き渡しを行う。

・生徒の家族や家屋に甚大な被害が生じた場合、危機管理当局等の指示に従い、指定避難場所に避難する。

・指定避難場所への移動が困難な生徒は、学校にとどまり、当局の指示や学校の判断に従う。

登下校時

原則として帰宅する。自宅が要避難地域にある場合は、最寄りの避難所に避難する。学校近くまで登校している場合は、学校に避難する。

在宅時

要避難地域居住者は、高台か指定避難ビルへの避難を速やかに行う。原則として登校しない。登校指示は携帯連絡網サービスで確認する。

 

2 悪天候時の対応

(1)注意報発令時

情報内容

学校の対応

生徒の対応

強風・大雨・洪水

平常授業

 ・今後の気象情報や地域の実情等をもとに家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。

 ・登下校の安全に不安がある場合は、学校に連絡し自宅で待機するか状況をみて登校する。

(2)警報発令時

情報内容

学校の対応

生徒の対応

 特別警報
(大雨・洪水・
波浪等)
 授業中止

    特別警報が出た場合、数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。ただちに命を守るなめの行動をとってください。

  ・静岡市南部に特別警報が出された場合、全ての教育活動を中止する。

 ・在校時は原則として学校にて待機する。警報が解除され安全に帰宅できることが確認された場合、保護者に引き渡す。

 ・在宅時および登下校途中には市町の指示に従い、避難行動をとる。

暴風

授業中止

 ・午前6時の時点で暴風警報が発令されている場合は、午前11時まで自宅で待機する。

 ・午前11時の時点で暴風警報が解除されていない場合は、1日休校とする。

 ・午前11時の時点で暴風警報が解除されている場合は、午後の授業に間に合うように登校する。ただし、今後気象情報や地域の実情等をもとに家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。もし登下校の安全に不安がある場合は、学校に連絡し、自宅で待機するか状況をみて登校する。

大雨・洪水

平常授業

 ・今後の気象情報や地域の実情等をもとに家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。

 ・登下校の安全に不安がある場合は学校に連絡し、自宅で待機するか状況をみて登校する。

(3)学校から生徒への連絡

          携帯連絡網サービス及び本校ホームページによって情報を伝達する。
 

3 全国瞬時警報システム(Jアラート)警報時における対応


全国瞬時警報システム警報時における対応
補足 
登校前・ 登下校中

  

対応の原則
・「警報時の対応について~行動編~」に従い、各自で速やかに行動する。
  
「ミサイル通過=影響がない場合」の情報が発信された場合
・避難行動をやめ、引き続き情報収集に努めながら、登下校する。
・避難行動等の対応に要した時間により、授業の短縮、一部休講等の措置をとる場合は、登校後指示する。 
・避難行動等により登校に遅れた場合は、遅刻としない。
在校中
  
 対応の原則
・速やかに授業・部活動等を中断し、「警報時の対応について~行動編~」に従い行動する。
  
「ミサイル通過=影響がない場合」の情報が発信された場合
・避難行動をやめ、引き続き情報収集に努めながら、授業・部活動等を再開する。
・避難行動等の対応に要した時間により、授業の短縮、一部休講等の措置をとる場合がある。
  

「警報時の対応について~行動編~」についてはこちらから(観覧にはAdobe Readerが必要)